後援会事務所「地図」はこちら ≫

プロフィール

種市一正
 KAZUMASA TANEICHI

1945年(昭和16年) 6月15日

種市家長男として三沢市浜三沢に生まれる

1960年(昭和35年) 3月8日 [18歳]

青森県立三本木農業高校を卒業。

卒業と同時に国内留学として

当時の赤城農林大臣宅に宿泊し

茨城県の養豚・椎茸栽培を学ぶ。

1965年(昭和40年) 12月17日 [24歳]

テイ子夫人と結婚。

翌年長女(佳寿子)が授かる。

1979年(昭和54年) 2月 [37歳]

青森県農協青年部協議会 委員長就任。

全国農協青年部大会で国会前での街頭演説、

トラクターパレードの先頭に立つ。

1987年(昭和62年) 4月 [45歳]

三沢市農業協同組合 代表理事組合長就任。

1996年(平成8年) 1月 [54歳]

青森県農協四連組合中央会 会長就任。

1999年(平成11年) 1月 [57歳]

東北・北海道ブロック農協連合会 会長就任。

2002年(平成14年) 7月 [61歳]

全国農業協同組合連合会 会長就任。

全農(8兆円産業)のトップとして

政府各省庁・経済団体の人脈を築き、

今の三沢市政に活かされている。

エジプト国際大会で日本農業の主張を発表。

ヨルダンのリン鉱石を

現地法人社長として視察。

2007年(平成19年) 6月 [65歳]

三沢市 市長就任。現在3期目。

防衛施設周辺整備全国協議会副会長

青森県道路整備促進期成同盟会理事

上十三地区自衛官募集事務連絡協議会長

東部海区沿岸漁業振興協議会長


▲このページのトップへ